【警察学校組】伊達航のプロフィールや生い立ち

登場人物

伊達航とは

伊達航
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

回想で登場した故人。
高木刑事の元教育係で「ワタルブラザーズ」と呼ばれていた。




プロフィール

初登場回
  • 漫画:76巻
  • アニメ:681話
    (『命を賭けた恋愛中継』)
声優 藤原啓治
名前の由来
  • 英単語『DATE』
  • 『高木渉』
  • (おそらく高木が誘拐される事件のトリックとして決められた名前。)

年齢 享年28
命日 2月7日
所属 警視庁刑事部
階級 不明
呼ばれ方
  • 伊達班長(同期4人)
  • 伊達さん(高木、佐藤など)
家族構成
恋人 来間ナタリー
好きなもの
苦手なもの

性格

面倒見が良く、気さく。

特徴

「殺されても死ななそう」と言われるほどタフで優秀。
頭脳明晰、体術も優秀な男だったが、張り込みの帰り道に居眠り運転のトラックに撥ねられて死亡した。

死ぬ直前に自分の警察手帳を高木刑事に託したが、その真意は明らかになっていない。

当初、高木は「犯人を捕まえてくれ」という意味で受け取ったが「婚約者を頼む」という意味だったのだと改めて解釈。
しかしこの警察手帳には何か別の意味が込められていた可能性が高い。

77巻では潜入捜査中の降谷が警視庁に出向き、伊達に用事があったような描写もある。
降谷が諸伏のスマホを警視庁に届けたのは伊達が死ぬ直前(1年前)のことなので、潜入捜査中のタブーを破ってでも伊達に何らかの話がしたかった模様。
(青山先生が「伊達の警察手帳は今後の伏線として解釈して良い」と言っているので今後何かに繋がりそう。また、諸伏のスマホを送った時点で自分が公安の潜入捜査官だと暗に告げている)




人間関係

警察学校
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

松田陣平萩原研二諸伏景光降谷零の4人とは同期で友人。

警視庁にある自分のロッカーには警察学校時代の写真や物を大量に詰め込んでいた。
そのため伊達の死後、同僚らが彼のロッカーを整理しようにも整理できず(遺品を渡そうにも松田と萩原はすでに殉職しており、諸伏と降谷は消息不明。伊達に遺族がいたかも怪しい)、約1年間を過ぎてから降谷(0)から送られた諸伏警部宛の手紙が発見される。

警察学校
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

降谷からの手紙が滲んでいたのは伊達が泣いていたから。
伊達は優秀だったので諸伏高明と同じく「弾痕と血痕、Hの文字が刻まれたスマホ」から諸伏景光の死を悟る。
ロッカーに写真を大量に詰め込むほど大切な友人を3人も失くした伊達の涙で手紙の文字が滲んでしまったのです。

死因

交通事故死。
高木に婚約者(来間ナタリー)の写真を見せようとした際、うっかり警察手帳を落としてしまう。それを拾おうと屈んだところに暴走するトラックが突っ込んだ。

婚約者のナタリーは伊達の死に絶望して後追い自殺をする。
ナタリーの両親も彼女の遺体を引き取るため鳥取県から警視庁に出向く最中で事故に遭い他界。ドミノ倒しのような悲劇となった。




登場人物

Posted by HAGA