【警察学校組】萩原研二のプロフィールや生い立ち(名探偵コナン)

萩原研二とは

萩原研二
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

回想でしか登場しない故人。

警察学校時代は降谷松田を差し置き一番モテた男で、老若男女誰にでも優しく、超爽やかでノリの良いイケメン。(※公式設定)

合コンをすればダントツ1位の人気者になり、自分から動かなくても勝手に女の子に囲まれ、「萩原くん♡」と好意を寄せてくる女の子たちにキザなことを言うでもなく笑顔で「はーい!」と返事をし、最終的にウフフキャッキャと女子会のノリで会話を楽しんじゃうコナン世界ではちょっと珍しいタイプの男。(笑)
ただし彼女はいない模様。

松田陣平親友幼馴染
(名探偵コナンは幼馴染至上主義の世界なので松田と萩原の絆も相当深いと思われる)

ちなみに萩原の人当たりの良さ・コミュニケーション能力の高さは降谷の中で生きており、安室透のモデルにもなっている。(安室の好青年なところ=萩原&景光が参考になっている)




プロフィール

初登場回 漫画:36巻(名前のみ)
漫画:96巻(顔のみ)
アニメ:304話
(『揺れる警視庁 1200万人の人質』)
声優 三木眞一郎
名前の由来 萩原健(俳優)
マカロ刑事(役)
(萩原さんが演じるマカロニ刑事から)
モデル 早見淳(太陽にほえろ!)
年齢 享年22
(原作軸の7年前に他界)
命日 11月7日
所属 警視庁警備部
(爆発物処理班)
階級 不明
1人称
呼ばれ方 (同期4人)
萩原(同期4人)
萩原君(目暮警部)
親友ダチ(松田陣平)
研二(萩原千速/横溝重吾)
家族構成 父:名前不明
姉:萩原千速
恋人
好きなもの
得意なもの

RX-7
機会弄り

煙草
平穏
苦手なもの

原作での立ち位置

当初、原作(漫画36巻)では苗字しか分からない謎の存在だった。しかしテレビアニメ化に伴い顔・セリフ・フルネームが公開。
その後原作96巻で1コマのみ萩原の顔が描かれた他、本誌で萩原の姉が登場。姉の回想として研二も登場している。
(これまで青山先生はコナンカフェの会場に萩原の絵を載せるなど、原作とは別の場所で萩原を描いていた。)

また、公式スピンオフ漫画『警察学校編(Wild Police Story)』では降谷諸伏伊達松田と共に主役を飾っている。

当初は苗字だけの存在だったにも関わらず(つまりほぼモブキャラ)、様々な公式グッズが販売されたりスマホゲームのSSRカードになっていたり、ある意味では松田以上に規格外の男である。

性格

警察学校
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

洞察力に優れた、コミュ力抜群の優男。
誰に対してもめちゃくちゃ優しく、自分を良く見せるようなくだらない嘘は吐かない(松田談)。

アイコン

ちなみに萩原の鋭い洞察力は女に対してのみ発揮される(※作者談)のですが、事件・事故に巻き込まれたときにもちゃんと発揮されています笑

周囲の反応:
常に明るくにこやかで優しい性格と、高身長・イケメン・体力がある・場を盛り上げるのが上手……などの理由で女性人気はぶっちぎり。(わかる)
また、爆弾解体を始める前に「ゆるゆるといきますか」と他の隊員の緊張をほぐしていたこと、自分の用事を多少犠牲にしてでも通りすがりのお爺さんを助けていたこと、萩原に対する松田の異様な執着具合等から、老若男女問わず多くの人から愛される魅力があったことが容易に伺える。

死亡時について:
ゆるい喋り口調、爆弾の前で煙草を吸う態度・防護服を着ない姿勢などから「自分の腕を過信して死んだ愚かな男」と勘違いされがちだが、実際には誰が解体作業をしていてもほぼ間違いなく死ぬような最悪の状況下で殺害された。

萩原は基本的にチャラチャラした男だが、実は誰よりも『平穏を求める現実主義者』でもある。殉職率の高い爆発物処理班に採用される際も虫の知らせを感じており「このまま爆処に進むのは良くない気がする」と躊躇っていた。
おそらく自分の好きな人たちと平和に楽しく長生きしたかっただけなのに、結果的に一番早く死んでしまった哀れな男です。




死因

爆殺。
マンションに仕掛けられた爆弾がトラップだらけの酷い爆弾だったため(※住民が1人でも逃げたら即座に爆破させるという犯人からの脅迫付き)、万が一の失敗に備えて解体作業を中断。住民の避難が終わるまでその場で待機することに。(この措置は警察組織として必然。)

その結果、萩原が現場で待機している間に犯人と(おそらく)強行犯係の間でトラブルが起こる

トラブルのことを一切知らない萩原たちが「住民の避難が完了したから解体作業を再開しよう」と本腰を入れようとしたところで、逆上した犯人が萩原ら現場の警察官を殺すため遠隔操作で爆弾を起動。

爆弾のタイマーが起動したことにいち早く気付いた萩原は慌てて同僚に避難を指示し、自身も少し遅れて現場から逃げたが、間に合うはずもなく殺害された。

死ぬ直前、萩原は松田との電話でうっかり「俺が死んだら仇をとって」と言ってしまった。(このとき萩原は別に死ぬつもりはなかった)
この発言が4年後の松田の死に繋がる。
萩原と松田の最期の会話(一部)

松田「ところでお前、ちゃんと防護服は着てるんだろうな」
萩原「あはは。あんな暑っ苦しいもん着てられっか」
松田「馬鹿野郎!死にてぇのか!」
萩原「……ま、そんときゃカタキを取ってくれよ」
松田「……怒るぞ」
萩原「ハハッ、冗談だよ冗談」

萩原研二
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

松田は『悪いのは犯人』と割り切っていたようですが、刑事部の初歩的ミスがなく、かつ刑事部と警備部の連携が上手くいってさえいれば萩原は殺されずに済んだかもしれませんね。

防護服について

彼は爆弾解体中、防護服を着ていなかった。

    これは

  1. 防護服は約40kgの重さがあり、1人で着脱出来ないこと
  2. 内部が暑すぎて5分以上の着用が不可能なこと
  3. 住民の避難を優先しており、解体作業が中断されていたこと
  4. 爆弾のタイマーが止まっていたこと
  5. ……が理由とされている。

つまり防護服を着て解体作業ができるのはわずか5分間のみ。そして爆発直前、萩原は解体作業をしていなかった……

要するに、あのとき萩原は目の前の爆弾が爆発するとは夢にも思っておらず、そんな状況下で防護服を着るのは非現実的だったと解釈できる。(そもそもあの状況では防護服を着る意味がない。萩原は解体作業を再開するときに防護服を着れば良かったので、防護服を着ていなかったのは彼のミスではない)

また、萩原が担当していた爆弾はフロアが丸ごと吹き飛ぶ高火力のものだった。たとえ防護服を着ていたとしても、残念ながら死亡していた可能性が高い。

ちなみに現実世界では液体窒素で爆弾を凍らせ、安全地帯の土中などで爆発させて処理するのが一般的。
しかし萩原が担当した爆弾には水銀レバーが付いており、液体窒素で冷却するのは不可能でした。
(↑めちゃくちゃどうでもいい情報ですが参考までに)




Posted by HAGA