【警察学校組】萩原研二のプロフィールや生い立ち

登場人物

萩原研二とは

萩原研二
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

回想でしか登場しない故人。

当初、原作(漫画)では苗字だけの登場だったがアニメ化に伴い顔とセリフ付き、かつフルネームで登場した。
その後、原作96巻で1コマのみファンサービスとして萩原の顔が描かれることになった。
(これまで青山先生はコナンカフェの会場に萩原の絵を載せるなど、原作とは別の場所で萩原を描いていた)

また、公式スピンオフ漫画『警察学校編(Wild Police)』では降谷諸伏伊達松田と共に主役を飾っている。
登場登場シーンは1コマ、もしくは数分のアニメ映像のみだったにも関わらず、公式グッズが販売されていたり公式ゲームアプリのSSRカードになっている規格外の男でもある。




プロフィール

初登場回
  • 漫画:36巻(名前のみ)
  • 漫画:96巻(顔のみ)
  • アニメ:304話
    (『揺れる警視庁 1200万人の人質』)
声優 三木眞一郎
名前の由来 萩原健一(俳優)
年齢 享年22
命日 11月7日
所属 警視庁警備部
(爆発物処理班)
階級 不明
呼ばれ方
  • (松田陣平)
  • 親友ダチ(松田陣平)
  • 萩原(同期4人)
  • 萩原君(目暮警部)
家族構成
(他不明)
恋人
好きなもの
  • 松田陣平
  • 煙草
  • 機会弄り
苦手なもの

性格

警察学校
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

洞察力に優れた男。
誰に対してもめちゃくちゃ優しく、くだらない嘘を吐かない(松田談)。

実家が車の整備工場だった影響で大の車好き。かつ、機会弄りが得意。
常に明るくにこやかで優しい性格と、高身長かつイケメン・体力がある・場を盛り上げるのが上手……などの理由で女性人気はぶっちぎり。(わかる)
また、アニメでも爆弾解体を始める前に「ゆるゆるといきますか」と他の隊員の緊張をほぐしたり信頼されていた様子から(新卒なのに!)、老若男女問わず愛される人物であったことが容易に伺える。

おそらく松田のことを「陣平ちゃん♡」と呼べる唯一の男。(笑)

ゆるい喋り口調、爆弾の前で煙草を吸う・防護服を着ない姿勢などから「自分の腕を過信して爆死した男」と勘違いされがちだが、実際には誰が解体作業をしていてもほぼ間違いなく死ぬような最悪の状況下で死亡した。




死因

爆死。
マンションに仕掛けられた爆弾がトラップだらけの爆弾だったため、万が一の失敗に備えて解体作業を一時中断して住民の避難を優先。(※この措置は警察組織として必然。)

その結果、萩原が現場で待機している間に犯人と強行犯係(目暮刑事などがいる部署)の間でトラブルが起こる
そんなトラブルを一切知らない萩原たち爆発物処理班が「住民の避難が完了したから解体作業を再開しよう」と本腰を入れたところで、逆上した犯人が遠隔操作で爆弾を起動。
萩原らは慌てて現場から逃げるが、間に合うはずもなく爆死した。

死ぬ直前、松田との電話でうっかり「俺が死んだら仇をとって」と言ってしまった。(このとき萩原は別に死ぬつもりはなかった)
この発言が4年後の松田の死に繋がる。
萩原と松田の最期の会話(一部)

松田「ところでお前、ちゃんと防護服は着てるんだろうな」
萩原「あはは。あんな暑っ苦しいもん着てられっか」
松田「馬鹿野郎!死にてぇのか!」
萩原「……ま、そんときゃカタキを取ってくれよ」
松田「怒るぞ」
萩原「ハハッ、冗談だよ冗談」

萩原研二
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

防護服について

彼は爆弾解体中、防護服を着ていなかった。

    これは

  1. 防護服だけで40kgもあるため1人で着脱が出来ないこと
  2. 内部が暑すぎて5分以上着るのが不可能なこと
  3. 住民の避難を優先しており、解体作業が中断されていたこと
  4. 爆弾のタイマーが止まっていたこと
  5. ……が理由とされている。

つまり防護服を着て解体作業ができるのはわずか5分間のみ
萩原には住民の避難が完了するまで待機命令が出ていた上、爆弾はトラップだらけですぐに解体できないものだった。
要するにあの状況下で防護服を着て解体するのは不可能に近いと思われる。

また、萩原が担当していた爆弾はフロアが丸ごと吹き飛ぶ高火力のものだった。たとえ防護服を着ていたとしても、残念ながら萩原は死亡していた可能性が高い。

ちなみに現実世界では液体窒素で爆弾を凍らせ、安全地帯の土中などで爆発させて処理するのが一般的。
しかし萩原が担当した爆弾には水銀レバーが付いており、液体窒素で冷却するのは不可能でした。




登場人物

Posted by HAGA