羽田浩司の基本情報まとめ

登場人物

羽田浩司とは

羽田浩二
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

羽田秀吉の義兄。
17年前、アメリカで毒薬『APTX4869』を飲んで死亡した。

この『羽田浩司殺害事件』が赤井務武の失踪に繋がっていると考えている赤井家(赤井秀一世良メアリー世良真純羽田秀吉)は密かに事件のことを探っており、赤井秀一に至っては事件の真相を知るために国籍を変え、FBIに入った。

また、黒の組織のNo.2であるラム唯一失敗した任務が『羽田浩司殺害事件』である。




基本的なプロフィール

初登場回
  • 漫画:18巻(名前)
  • 漫画:89巻(シルエット)
  • アニメ:850話(シルエット)
    (『婚姻届のパスワード』)
声優
1人称
呼ばれ方
  • 浩司(メアリー,世良)
家族構成
  • 父:羽田康晴
  • 母:羽田市代
  • 義弟:羽田秀吉
好きなもの
  • 将棋
  • チェス
苦手なもの

性格

不明。
座右の銘は「初志貫徹」。
(義弟の羽田秀吉も浩司と同じく「初志貫徹」を座右の銘にしている)

特徴

「七冠王」に一番近いと評されていた天才プロ棋士。
義弟である羽田秀吉が尊敬する将棋士でもある。

17年前、趣味で嗜んでいたチェス大会に参加するためアメリカに渡米。
このとき宿泊先のホテルで何者かに襲われ、資産家のアマンダ・ヒューズと同日、同ホテル内で死亡した。
(アマンダは羽田浩司の大ファンで2人の間には交流があった。)

この事件は詳細不明の未解決事件(APTX4869は毒物反応が出ないため証拠が残らない)となり、事件に関与していたとみられる赤井務武も同時期に失踪。
あまりに奇妙なこの事件の真相を追うため、赤井秀一は事件の管轄にあたるアメリカの警察FBIに入ることを決意。

羽田浩司がAPTX4869で殺害されたことは黒の組織が管理する「APTX4869の被害者リスト」を閲覧できる人間しか知り得ない。
そのためFBIの捜査資料等をどれだけ漁っても真相に辿り着くことは不可能であり、この事件を解決するには『羽田浩司殺害事件』の現場に残されていた『UMASCARA』のダイイングメッセージから黒の組織に辿り着くか、別口で組織に目をつけて潜入捜査をする過程でAPTX4869に関するデータを奪う等の荒技が必要だった。




登場人物

Posted by HAGA