本堂瑛海の基本情報まとめ

登場人物

本堂瑛海とは

本堂瑛海
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

黒の組織に潜入捜査しているCIAの諜報員。
組織からは『キール』の名前を授かっている。
本堂瑛祐の姉。




基本的なプロフィール

初登場回
  • 漫画:48巻
  • アニメ:425話
    (『ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間』)
声優 三石琴乃
名前の由来
  • ジェームズ・ボンド
    (映画『007』の主人公)
年齢 25歳
呼ばれ方
  • 瑛海(イーサン本堂)
  • 姉さん(本堂瑛祐)
家族構成
  • 父:イーサン・本堂(他界)
  • 母:?(他界)
  • 弟:本堂瑛祐

特徴

大阪出身。
高校卒業後、アメリカに移って父親のイーサンと同じCIAに入る。

当初は潜入中の父親のサポート役として活動しており、CIA本部と父親の新しいパイプ役を紹介するため組織に潜入。
父親とパイプ役を引き合わせた後は事故死に見せかけて組織から抜ける予定だった。

ところが父とパイプ役を会わせる日、自分に発信機が付けられていることに気付かずそのまま父親と面会。
罠だと気付く前に父親から撃たれ、「組織には俺に尋問されていたと言え」と促された直後に父が自殺。
自分のミスのせいで父親が目の前で自殺するという悲劇に見舞われた。




登場人物

Posted by HAGA