楠田陸道の基本情報まとめ

登場人物

楠田陸道とは

楠田陸道
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

黒の組織が杯戸中央病院に送り込んだスパイ。
突然行方不明になったキールの潜伏先が杯戸中央病院だと睨んだ組織によって送り込まれた。




プロフィール

初登場回
  • 漫画:57巻
  • アニメ:496話
    (『赤と黒のクラッシュ 侵入』)
声優 岩田光央
1人称
  • オレ
呼ばれ方
  • 楠田陸道
  • 楠田(ジョディ,ジェイムズ)

特徴

組織の末端構成員。酒の名前はない。

頸椎捻挫のフリをして病院に潜入していたが、コナンの推理によってFBIの前で仮病が暴かれる。
慌てた楠田は「身体に爆弾を巻いている」と偽の爆弾を見せてコナンらを脅し、FBIの裏をかいて病院から脱出。しかし赤井秀一に追跡されていることに気が付き、逃げられないと踏んで車内で拳銃自殺をした。

楠田の死により定期連絡が途絶えたため、ジンたち実行部隊は杯戸中央病院にキールがいると確信。彼女を奪還するため動き出した。

なお、楠田の死体は赤井の死を偽装するために利用されている。
このことを知っていたのは赤井ジェイムズコナンの3人だけだが、降谷零バーボン)が自力で真相を見抜いたためジョディキャメルにも明かされた。




登場人物

Posted by HAGA