松本清長の基本情報まとめ

登場人物

松本清長とは

松本清長
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

警視庁捜査一課の元管理官。
「清長」と書いて「きよなが」と読む。

警視正に昇級することで黒田に管理官の地位を譲った。

プロフィール

初登場回 8巻
声優 加藤精三
名前の由来 『松本清張』(推理小説家)
年齢 54歳
所属 警視庁刑事部
階級
  • 警視(初期)
  • 警視正
呼ばれ方
  • 松本警視
  • 松本管理官
家族構成 妻:?(他界)
娘:松本小百合
好きなもの
苦手なもの




性格

事件が起きた場合、たとえ相手が自分の身内であろうと容疑者には容赦をしない厳しさを持つ。

エピソード

20年前、犯人追跡中に一般人の親子を巻き込んでしまう。しかし松本はそのことに全く気付かず、無関係の女性を死なせてしまった。
このとき現場で助けを求めた被害者の息子(8歳)を「邪魔だ」と捨て去ったり、自分の娘が死にかけているときも決して現場から離れない姿勢を貫くなど、犯人を確保することに重きを置く節がある。

警察で出世するには非情になることも必要なので、ある意味「典型的な警察のお偉いさん」である。




登場人物

Posted by HAGA