目暮十三の基本情報まとめ

登場人物

目暮十三とは


©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

警視庁捜査一課の警部。
十三と書いて「じゅうぞう」と読む。




プロフィール

初登場回
  • 漫画:1巻
  • アニメ:1話
    (『ジェットコースター殺人事件』)
声優 茶風林
名前の由来 『メグレ警部』
(小説家ジョルジュ・シムノンの作品)
年齢
所属 警視庁刑事部
階級 警部
呼ばれ方
  • 目暮(黒田、松本)
  • 目暮殿(小五郎)
  • 目暮警部
家族構成 妻:目暮みどり
恋人 目暮みどり
好きなもの
  • 目暮みどり
苦手なもの
  • 射撃
  • 英語
  • デジタルなもの

性格

責任感が強く、厳しさと優しさを併せ持つ良い上司。
コナンの実力をそれなりに認めており、度々コナンに熱い期待を寄せると同時に小学生に頼る警察官(自分たち)を情けなくも思っている。

妻のみどりにベタ惚れの愛妻家。

特徴

毛利小五郎の元上司。
工藤優作とは20年来の付き合いで、数々の難事件を解決してきた優作と新一には絶大な信頼を寄せている。

逮捕後、身勝手な犯人に喝を入れて性根を正すなど正義感が強い。
その一方で過去の事件がきっかけで事件を起こした犯人には「かつての事件の被害者」として接している。

デジタル音痴

目暮は極度のデジタル音痴。初期はパソコンの電源の切り方さえ分からなかった。
(稼働中のパソコンのコンセントを引き抜くことで物理的に電源を切った)




登場人物

Posted by HAGA