宮本由美の基本情報まとめ

登場人物

宮本由美とは

宮本由美
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

警視庁交通課の婦警。
佐藤刑事とは同期で友人。




プロフィール

初登場回 21巻
声優 杉本ゆう
年齢 28歳?
所属 警視庁交通課
(正式には『交通部交通執行課』)
階級
呼ばれ方
  • 由美(佐藤、同僚の婦警)
  • 由美君(目暮)
  • 由美さん(高木、コナンなど)
  • 由美タン(羽田)
家族構成 愛犬:スタ、ハチ
恋人 羽田秀吉
好きなもの
  • ジュエリー
  • 噂話
苦手なもの
  • 猫(アレルギーのため)

性格

明るくサバサバした姉貴肌。
恋愛話や新作ジュエリーが大好きな女性らしい一面もあるが、どちらかというと佐藤に負けず劣らずの男勝りな性格。

また、同期でもない他部署の人間の趣味趣向を正確に把握していること、警視庁内でもかなり顔が広いこと等からコミュニケーション能力が抜群に高いことも伺える。

コナン世界では珍しいシビアな恋愛観を持っており、彼氏の職業や将来性、収入などを気にするタイプ。少なくとも「両想いならそれでOK♡」という恋愛観ではない。

特徴

交通課なのに私情のためにパトカーを爆走させたり誘拐犯を捕まえたり、意外と好き勝手にしている。
羽田秀吉とは恋人。
秀吉の兄である赤井秀一からは「とても警護が必要な女性には見えない」と好意的な判断をされた。(笑)

松田と由美
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

名言

「似てるのよあなた…その松田君に…」
「なんとなく感じるのよ… 匂いというかハートというか… 美和子も最近やっとその事に気づいてきたみたいだけどね…」

36巻『赤い罠』


松田を知らない高木に対して由美が言ったセリフ。刑事部で嫌われがちだった松田の優しさや真面目さ、正義感などをいち早く見抜いた。)

松田と由美
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.




登場人物

Posted by HAGA