【名探偵コナン】水平線上の陰謀の特徴、制作秘話など

劇場版

水平線上の陰謀とは

2005年に公開された、コナン映画の9作目。

シリーズ 9作目
公開年度 2005年
監督 山本泰一郎
脚本家 古内一成
主題歌 ZARD
「夏を待つセイルのように」
キャッチコピー 「オマエを、絶対に守る」
「忘れはしねぇよ、オマエのことだけは…」
オリジナルキャラ
  • 秋吉美波子
  • 日下ひろなり など
新登場
興行収入 21億円
英語タイトル Case Closed:Strategy Above the Depths





あらすじ

鈴木園子に招待されて豪華客船に乗り込んだコナンたち。
少年探偵団と一緒に船内でかくれんぼをしている途中、鬼役の園子が何者かに拉致・監禁されて――

キーワード

豪華客船、かくれんぼ、貝殻のブレスレット、柔道、毛利小五郎

今作の特徴

青山先生の「小五郎に華を持たせよう!」というアイデアのもと、コナンではなく小五郎自身が犯人を特定して確保するストーリーになっている。
また、原作同様に英理への愛情が小五郎の原動力になっている。

その他、推理に必要なヒントが出るたびに「ピローン♪」と謎の効果音が流れるなど、映画というよりゲームのような演出が施された作品でもある。




劇場版

Posted by HAGA