【名探偵コナン】探偵たちの鎮魂歌の特徴、制作秘話など

劇場版

探偵たちの鎮魂歌とは

2006年に公開されたコナン映画の記念すべき10作目。
初期ファンに戻ってきてもらうため、人気キャラを勢揃いにした。

シリーズ 10作目
公開年度 2006年
監督 山本泰一郎
脚本家 柏原寛司
主題歌 B’z
「ゆるぎないものひとつ」
キャッチコピー 「探偵たちよ、安らかに眠れ」
オリジナルキャラ
  • 伊東末彦
  • 清水麗子 など
新登場
  • 山村ミサエ
    (背景に溶け込んでいるモブ。
    群馬県警の山村ミサオの祖母)
興行収入 30億円
英語タイトル Case Closed:The Private Eyes’ Requiem




あらすじ

依頼者に呼ばれて神奈川県の遊園地『ミラクルランド』を訪れた小五郎らと少年探偵団一行は、依頼人の秘書からミラクルランドの腕時計型フリーパスを受け取る。
何の疑いもなくフリーパスを装着してミラクルランドに向かう探偵団やだが、実はパスの内部にはGPSと時限爆弾が組み込まれていて――

キーワード

白馬探、服部平次、怪盗キッド、遊園地

今作の特徴

コナン作品の超重要回『集められた名探偵!!(原作30巻/アニメ219話)』に出演した白馬探が登場。(茂木探偵、槍田探偵も名前と顔だけ登場している)

また、10周年記念作品ということで服部平次怪盗キッド遠山和葉など人気キャラに加えて、警視庁のレジュラー陣(目暮中森)、神奈川県警、大阪府警、妃英理などが勢揃いしている。

その他、容疑者の声優が約10年後に安室透を演じる古谷徹、若狭留美を演じる平野文など、隅から隅まで豪華な演出で成り立っている。

今作は各キャラクターの個性を活かすため、服部の剣道、キッドの華麗な盗み、コナンのアクション、佐藤の逮捕術、目暮の責任感……など、大勢の見せ場が用意されている。




劇場版

Posted by HAGA