【名探偵コナン】紺碧の棺の特徴、制作秘話など

劇場版

紺碧の棺とは

2007年に公開された、コナン映画の11作目。

シリーズ 11作目
公開年度 2007年
監督 山本泰一郎
脚本家 柏原寛司
主題歌 愛内里菜&三枝夕夏
「七つの海を渡る風のように」
キャッチコピー 「そこに浮かぶのは、誰だ…」
「コナン君、どこにいるの?」
オリジナルキャラ
  • 岩永城児
  • 山口喜美子 など
新登場
興行収入 25億円
英語タイトル Case Closed:Jolly Roger in the Deep Azure




あらすじ

バカンスで神海島を訪れたコナンたちは、財宝探しに集まったトレジャーハンターと出会う。神海島が海底遺跡と財宝伝説が残る島だと知ったコナンたち少年探偵団は島の観光課が作った宝探しを楽しんでいたが、トレジャーハンターの1人が海底探索中にサメの群れに襲われ死亡する。

キーワード

宝探し、海賊船、背中合わせ

今作の特徴

コナン作品では珍しく園子の友情をメインテーマにしている作品。




劇場版

Posted by HAGA