【名探偵コナン】戦慄の楽譜の特徴、制作秘話など

劇場版

戦慄の楽譜とは

2008年に公開された、コナン映画の12作目。

シリーズ 12作目
公開年度 2008年
監督 山本泰一郎
脚本家 古内一成
主題歌 ZARD
「翼を広げて」
キャッチコピー 「この歌声を、消させはしない。」
オリジナルキャラ
  • 秋庭怜子
  • 譜和匠 など
特別出演
  • 西尾由佳理
    (テレビアナウンサー)
  • 坂下千里子
    (ホールの女性スタッフ)
  • 山里亮太
    (一般人のガヤ)
新登場
興行収入 24億円
英語タイトル Case Closed:Full Score of Fear




あらすじ

有名なピアニストの堂本が作った堂本音楽ホールの完成記念公演の練習風景を見学していたコナン一行。そこで天才ソプラノ歌手であり帝丹小学校OGの秋庭怜子と出会い、コナンたちは帝丹小学校の合唱コンクールのコーチをしてもらうこととなる。

数日後、怜子の指導の下でコナンたちは合唱の練習をする。その最中、怜子が持参したドリンクを勝手に飲んだ元太が苦しみ、喉が嗄れる事件が発生。その後も何者かが運転する車に襲われるコナンたちだが――

キーワード

オペラ、絶対音感、パイプオルガン

今作の特徴

コナン作品では珍しく音楽に特化した作品。
連載初期は#(シャープ)の意味すら知らなかったコナンだが、いつのまにか音楽知識をほぼ完璧に習得。
「音痴のくせに絶対音感を持つ」という設定を強固なものにした。

映画が製作される前から、「コナンは耳が良い」という設定は原作で描かれていた(46巻『前奏曲』〜『幻想曲』)
しかし「絶対音感を持っている」とまでは明示されていなかったので、今作で初めて明言されたことになる。




劇場版

Posted by HAGA