【名探偵コナン】漆黒の追跡者の特徴、制作秘話など

劇場版

漆黒の追跡者とは

2009年に公開された、コナン映画の13作目。

シリーズ 13作目
公開年度 2009年
監督 山本泰一郎
脚本家 古内一成
主題歌 倉木麻衣
「PUZZLE」
キャッチコピー 「逃げ切れねぇ、か…」
オリジナルキャラ
  • アイリッシュ
  • 水谷浩介 など
特別出演
  • DAIGO
    (水谷浩介)
新登場
興行収入 35億円
英語タイトル Case Closed:The Raven Chaser




あらすじ

キーワード

夢、アイリッシュ、指紋、ピスコ

今作の特徴

『天国へのカウントダウン』以来、8年ぶりに黒の組織が映画に登場。
不吉と言われる数字"13″と13作目を掛け合わせて、ハードボイルド風な作品になった。

ちなみにタイトルにもなっている「チェイサー」とは「chaser(追跡者)」と「chaser(強い酒を飲むときに挟む水などの軽い飲み物)」のダブルミーニングになっている。

また、初期は綺麗な茶髪だったジンの髪色が銀色になったのも今作から。
今作以降は劇場版、アニメともにジンは銀髪に統一される。

CMへの批判

公開当時にテレビ放送されていたCMが「ついに黒の組織とコナン周辺が正面切ってぶつかり合う」と思わせるような過剰演出をして話題を集めていた。
事実、劇場から足が遠のいていた初期ファン層、黒の組織に関わるストーリー展開だけが気になるライトな層などの多くが「少しでも何か新しい展開があるかも!」と期待に胸を膨らませて映画館に足を運び、「予告詐欺すぎる!」と激怒。

コナン映画は「映画の方が原作よりも先に物語が進む」ことが往々にしてあり、「もしかしたら組織との対決も原作より映画が先かも」と思わせるだけの力があった。(たとえば怪盗キッドが工藤新一の正体を知っている設定は『世紀末の魔術師』で初めて公表された事実。)

「名探偵コナンのストーリーに全く関与しない」と分かった上で映画を観ると面白いのだが、「この映画で今後のストーリーが大きく変わるかも」と期待を煽る過剰なCMだっただけに「映画スタッフに裏切られた」と落胆するファンも多く見られた。

なお、公開から数年が経ち「今作は原作ストーリーとは無関係」だと必然的に分かっている視聴者からの評価はそこそこ高い。




劇場版

Posted by HAGA