【名探偵コナン】11人目のストライカーの特徴、制作秘話など

劇場版

11人目のストライカーとは

2012年に公開された、コナン映画の16作目。

シリーズ 16作目
公開年度 2012年
監督 山本泰一郎(総監督)
静野孔文(監督)
脚本家 古内一成
主題歌 いきものがかり
「ハルウタ」
キャッチコピー 「オマエら、ちゃんとついて来るんだぞ!」
オリジナルキャラ
  • 立原冬馬
  • 山尾渓介 など
ゲスト声優
  • 桐谷美玲
    (香田薫)
  • 岩貞和明
    (会場スタッフ)
  • 本人役

  • 足立梨花
  • 宮根誠司
  • 川田裕美
  • 三浦知良
  • 楢崎正剛
  • 中村憲剛
  • 今野泰幸
新登場 真田貴大
興行収入 32億円
英語タイトル Case Closed:The Eleventh Striker




あらすじ

コナンたちはプロサッカー選手が開くサッカー教室に参加。そこには元サッカー選手や日売テレビの芸能カメラマン、小五郎の後輩、サッカーチームのスポンサーなど様々な人物が集まっていた。
そんなサッカー選手から2週間後、小五郎のもとに爆破予告が届いて――

キーワード

サッカー、爆弾

今作の特徴

Jリーグ20周年記念プロジェクトとのコラボレーション作品。
三浦知良など本物のサッカー選手が多数出演を果たしている他、報道キャスターの宮根は作品内でも『ミヤネ屋』のキャスターとして出演した。




劇場版

Posted by HAGA