【名探偵コナン】絶海の探偵の特徴、制作秘話など

劇場版

絶海の探偵とは

2013年に公開された、コナン映画の17作目。

シリーズ 17作目
公開年度 2013年
監督 静野孔文
脚本家 櫻井武晴
主題歌 斉藤和義
「ワンモアタイム」
キャッチコピー 「それ、マズくね!?」
オリジナルキャラ
  • 藤井七海
  • 立石由紀夫 など
ゲスト声優
  • 柴咲コウ
    (女性自衛官役)
新登場
興行収入 36億円
英語タイトル Case Closed:Private Eye in the Distant Sea




あらすじ

コナンたちは京都府・舞鶴湾で開かれているイージス艦の体験航海に参加。
ところがコナンたちが乗船中、イージス艦に未確認物体が接近するなどのトラブルが発生。館長は「訓練」として客に説明していたが、不信感を覚えたコナンは秘密裏に調査を開始。
するとイージス艦内にスパイが紛れ込んでいることが分かって――

キーワード

海上自衛隊、イージス艦、スパイ

今作の特徴

静野孔文氏が初めて1人で監督を務めた作品。
また、テレビドラマ『相棒』『科捜研の女』で有名な櫻井武晴氏が脚本を担当。
どことなく刑事ドラマ色が強いのは櫻井さんのカラーが色濃く出ているからです。

また、イージス艦が題材になったのは「制作を決めるとき、青山先生が艦隊コレクションにハマっていたから」。(笑)
防衛省、海上自衛隊の全面協力を経て制作された。




劇場版

Posted by HAGA