中森銀三の基本情報まとめ

登場人物

中森銀三とは

中森銀三
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

警視庁刑事部の警部。
怪盗キッドを追い続けている。




プロフィール

初登場回 16巻
声優
  • 石塚運昇(2018年まで)
  • 石井康嗣(現在)
名前の由来
  • 中森明菜(歌手)
  • 銀色(まじっく怪斗はキャラクターに色の名前が付く)
年齢 41歳
所属 警視庁刑事部(捜査2課)
階級 警部
呼ばれ方
  • 中森(目暮、茶木)
  • 中森警部
家族構成 娘:中森青子
好きなもの
苦手なもの
映画
  • 世紀末の魔術師
  • 銀翼の奇術師
  • 紺青の拳(数秒)

性格

(場面がコミカルになるよう)常に賑やか。
上司である茶木よりもキッドを理解しており頭が切れるが、キッドの方が色々と上手なのでいつも出し抜かれている。

キッドの予告状が届いても警察に捜査を一任してくれない鈴木次郎吉には呆れたり嘆いている。

特徴

青山先生の別作品『まじっく怪斗』のキャラクター。
怪盗キッドが『名探偵コナン』に流入してきた際、中森も同時に流れてきた。

2代目怪盗キッドの正体である黒羽怪斗とは顔見知り。
『まじっく怪斗』の作中では「もしかして怪斗君がキッドなのでは?」と疑う素振りもあったが、コナンの作中ではそういった心理描写はなされていない。

余談

もともとコナン世界でも窃盗犯は捜査3課の担当だが、「怪盗キッドは予告状を送りつけて世間を騒がす特殊犯」として処理されているため、中森警部ら捜査2課が担当している。




登場人物

Posted by HAGA