世良真純の基本情報まとめ

登場人物

世良真純とは

世良真純
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

赤井秀一の妹。
工藤新一と同じ帝丹高校2年生の女探偵。




基本的なプロフィール

初登場回
声優
名前の由来
  • 『セーラ』(ガンダム)
年齢 17歳
1人称
呼ばれ方
  • 世良(コナンの内心)
  • 世良の姉ちゃん(コナン)
  • 世良さん(初期の蘭,園子)
  • 世良ちゃん(蘭,園子)
  • 真純(家族)
家族構成
  • 父:赤井務武
  • 母:メアリー
  • 長兄:赤井秀一
  • 次兄:羽田秀吉
好きなもの
  • 家族
    (※父に会ったことはない)
  • 江戸川コナン(工藤新一)
得意なもの
  • ジークンドー
  • 江戸川コナン(工藤新一)
苦手なもの
  • 怪盗キッド
    (男に間違われて身包みを剥がされたため)
映画
  • 異次元の狙撃手

性格

あっけらかんとした性格。
自分の胸に対して「今は小さいけどそのうち絶対に大きくなる!」と道端で堂々と言ったり、巨乳の紅葉を見たときに「おっぱいでけ〜」と胸をガン見していたり、女子校ノリで生きている節がある。

特徴

自称『探偵』なだけあって推理力、知識量、観察眼などはそれなりに備わっている。
(ただし新一、安室、赤井、羽田などには劣る。)

赤井家が家族揃って日本に移住してから生まれたため、兄(赤井秀一、羽田秀吉)とは違って日本生まれ日本育ちのクオーターである。
赤井務武は17年前に失踪しており、長兄赤井秀一もアメリカで単身で過ごしていた他、次男羽田秀吉も羽田家の養子になっていたり、かなり複雑な家庭事情の中で育った。
(世良自身の家族愛は強く、面倒見が良く温厚な秀吉にはとても可愛がられていた模様)



人間関係

スコッチと降谷

世良がまだ幼い頃、たまたま潜入捜査中のライ(赤井秀一)、スコッチ(諸伏景光)、バーボン(降谷零)と駅で遭遇。
幼い世良は兄に会えたことが嬉しくて「秀兄ぃ」と組織のメンバー(スコッチ)の前でライを本名で呼んでしまい、赤井から「今すぐ1人で帰れ」と叱られて落ち込む。

赤井が世良のための切符を買いに離れている間、見かねたスコッチは世良に優しく声をかける。ライフルと一緒に持ち運んでいたベースを世良に握らせ、簡単な弾き方(ドレミ)を教えて世良を笑顔にした。

当時、赤井はスコッチが公安警察であることを知らないし、スコッチも赤井がFBIであることを知らない。
そのため赤井にとって「組織の人間に本名の一部が割れたこと」「妹の顔を認識されたこと」「幼い妹を1人で置いてきたこと」はかなり危険な事態だったが、スコッチは特に気にした素振りもなく、むしろ赤井が不在の間は世良の面倒を見ていた。
このスコッチの優しさが赤井の琴線に触れ、スコッチが公安のスパイだとバレた際のやりとりに繋がっている可能性もある。


また、降谷は赤井秀一のことを殺したいほど憎んでいるとはいえ、世良と対面したり「スコッチと一緒にいる安室さんを見た」と煽られても彼女に憎悪を向けることはなかった。
(むしろ「スコッチが面倒を見ていた子」として特別な感情を抱いているようにも思う)




登場人物

Posted by HAGA