ベルモットのプロフィール、特徴などまとめ

登場人物

ベルモットとは

ベルモット
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996.

黒の組織の幹部。
ボスと密接な関係にある他、APTX4869の秘密を握る超重要人物。




プロフィール

初登場回
  • 漫画:24巻
  • アニメ:176話
    (『黒の組織との再会』)
声優 小山茉美
1人称
呼ばれ方
  • ベルモット
  • おまえ(ボス)
  • Rotten Apple(FBI)
モデル
  • 峰不二子(『ルパン三世』より)

特徴

組織の中枢にいる幹部。

ボスのお気に入りのため、組織内でどれだけ嫌われても誰も手出しができない。
ジンキャンティなど、ベルモットの自分勝手な行動に嫌気が差している構成員は多いが「あの方のお気に入りだから」という理由で手を出せないでいる。)

実際には「ボスのお気に入り」というより近親者である可能性が高い。真相を知っているのはバーボンのみ。

正体

ベルモットの正体はシャロン・ヴィンヤードクリス・ヴィンヤード
世間的には別人の2人だが、実際には同一人物である。

シャロンはミュージカル『The Golden Apple』で脚光を浴びて有名人になった。
このことからFBIはベルモットのことを「見た目は若いが中身は老けている」として『Rotten Apple(腐ったリンゴ)』と呼んでいる。

ベルモットの性格

ベルモットの被害者が口を揃えて「悪魔のような女」「笑いながら人を殺す女」「高飛車な女」と言うように、基本的には冷徹で無慈悲。
しかし「相手が誰でも必ず助ける」という価値観の工藤新一毛利蘭を「わたしの宝物」として大事にするなど、どこか憎めないところがある悪役。

ちなみにベルモットのモデルは『ルパン三世』の峰不二子。
(峰不二子の良い部分が工藤有希子で悪い部分がベルモット)
青山先生いわく、「ベルモットに憎めない部分があるのは峰不二子がモデルだから」。




登場人物

Posted by HAGA